イメージ画像

薬剤師転職はプロに任せると安心

トップ画像

薬剤師が転職する動機は実に様々です。一般的に転職を希望される方の動機は、職場の人間関係が上手くいかなかったり、仕事の多忙さ、無理な転勤、お給料への不満などが多く見受けられますが、薬剤師の場合はそれだけではありません。いわゆる、ネガティブなものばかりではなく、将来を見据えたポジティブな理由で転職を決意する方々も結構いらっしゃいます。
パート薬剤師が扶養内で働ける年収とは?

例えば、「薬剤師の資格は持っているが調剤の経験がないので調剤業務に携わってみたい」「もっと薬剤師としてスキルアップしたい」「薬剤師のキャリアを積みたい」「薬剤師のスキルを治験関連の業務で活かしたい」等々、薬剤師として成長したい気持ちが転職を決意させることもあります。

しかし、職場が変わると、いくら経験を積んだ方でも新しい職場では新人さんです。ですから、当然、人間関係への不安、職場へ馴染めるかという不安などは抱えることになるでしょう。

そのどちらも承知していながら転職活動をすることになりますが、自分が希望する条件をクリアできる転職は簡単にできるものではありません。まず、個人で求人情報を収集するには限界がありますし、現職を続けながらの職探しは時間的な余裕もなく、じっくりと探すことはまず不可能でしょう。

そんな時にお役立て頂きたいのが、薬剤師専門の転職サイトなのです。薬剤師専門というだけあって、豊富な求人案件が揃っています。それは、常日頃から病院や薬局、企業などと情報交換を活発にしているからです。なので、個人で探すよりも効率的に就活できます。

また、薬剤師専門の転職サイトでは、非公開求人というものも扱っています。非公開求人とは、一般公開で募集すると応募の殺到が予想される好条件の求人案件や欠員補充のための急な求人案件等々、転職サイトを介して求人募集をかけたい企業の意向から一般公募はしない形となっています。なので、薬剤師専門の転職サイトを利用すると、思わぬ好条件の案件を見つけるメリットがあります。

登録すると専門コンサルタントが対応しますので、求人先への条件交渉(年収、勤務条件等)も代行してくれます。又、転職の際の引継ぎ業務のサポートを行うこともあります。

転職で重要な面接については、履歴書の書き方から面接でのアピールポイントなど詳細にアドバイスを行ないますし、時には面接が不安な方にはコンサルタントが同行するケースもあります。そして、何よりも安心できるのは、転職希望先の職場環境を見学できることです。その日程調整もコンサルタントが行ないます。

いわば、至れり尽くせり状態で転職活動が可能な薬剤師専門の転職サイトは、利用する価値があることは間違いありません。無料で登録できますので、一度お試しになってはいかがでしょうか。
国立病院機構 三重病院

薬剤師転職−ピークに向けた早めの準備

薬剤師の求人で最も多いところといえば、調剤薬局とドラッグストアです。勿論、他にも病院や製薬会社の求人もありますが、調剤薬局やドラッグストアの求人案件に比べると多いとはいえません。

しかし、求人案件の多い調剤薬局やドラッグストアも、首都圏では飽和様態が目立ち始めています。その一方で、地方ではいまだに人材不足が続いており、求人案件も豊富です。このように、地域で求人案件の差が出始めています。

給与でみてみると、正社員の薬剤師の平均的年収は、400万円〜500万円という調査結果がでています。この数字には諸手当は含まれていませんが‥。管理薬剤師になると、50万円〜100万円年収がアップするのが一般的です。管理薬剤師になる年代は、男性は30才前後、女性は30才後半という調査結果もでています。

また、女性に多いパート薬剤師の場合、時給の相場は1,800円〜2,500円との調査結果がでています。ただ、平日の午前中のみのパートは人気も高く、求人案件がでると殺到します。最近では、パート採用の条件も厳しくなりつつあり、最低でも一回は夜勤ができなければ採用を見合わせる企業もあります。

そして、転職理由にも変化がみられます。以前は年収アップなどが多かったのですが、最近ではスキルアップを転職理由にしている方が多くなっています。この背景には、6年制大卒薬剤師の存在が大きく影響していると考えられます。

薬剤師が飽和状態になりつつあるエリアもでてきていますが、地方では人材不足で困っているところはまだまだあります。ですが、今後、薬学部新設の増加や理系職への人気に伴い、薬剤師が過剰になる時代もそう遠くはないと思われます。なので、転職や復職を考えている方は早めに行動をおこした方が得策と言えるでしょう。

ちなみに、企業の求人案件のピークは、冬と夏のボーナス後と4月頃です。ただ、この時期を狙って転職活動をしている人も多いので、競争率はかなり高くなります。反対に、競争率の低い時期を狙っての転職活動は、求人案件も少なく、自分の希望に合った転職が望めない確率が高くなります。

ですから、ライバルは多くても好条件の転職を望むなら、ピーク時の2〜3ヶ月が勝負です。その時期に向かって、転職活動の準備をしておきましょう。近頃は、大手調剤薬局や薬剤師専門の転職支援サイトで「復職支援セミナー」などが開催されています。受講料も無料のところが多く、コースも複数ありますので転職や復職への準備のために活用されるといいでしょう。

薬剤師、転職で年収アップ

薬剤師として働いているものの今の年収に不満があるという方は年収をアップさせる方法について検討してみましょう。

そのための方法は大きく分けると二つあります。 一つ目は地方の求人をチェックして条件の良いところに就職するということ。

仕事内容が同じだったとしても都市部より地方の方が給料が高めに設定されています。 これは、地方では薬剤師の数が不足しているということが挙げられるでしょう。

1人でも多くの薬剤師を確保するために好条件の求人を出しているわけです。 それだけでなく、地方では働きたくないと考える薬剤師が多いため、ライバルも少なくなります。

都市部に比べると不便なことも多いですが、収入の高さを優先したいと思っているのであれば、都市部で働くことも検討してみると良いですね。

その他の方法として、それまでの経験をしっかり評価してくれる職場を選ぶというのもおすすめです。 薬剤師の求人情報をチェックしてみると前職の給料を考慮した上で給料を決定するようなところもあります。

つまり、転職した後は前の職場でもらっていた給料よりも高い収入が期待できるということ。 このような転職を繰り返せばどんどん収入がアップしていきます。

ただ、経験や実力が不足している人に対して高い給料を出す職場は多くありません。 収入アップを目指したいと思っているのであれば、スキルアップについても考える必要が出てくるでしょう。

それから、管理薬剤師の資格を持っている方に対して高い給料を出している職場もあります。 これは薬剤師にとって代表的な役職ともいえるのですが、職場から管理薬剤師のお誘いがあったとしても何となく大変そうなイメージがあって引き受けないようにしている方もいるようです。

ただ、管理薬剤師の経験があるかどうかというのは薬剤師としてのキャリアにも繋がってくるので、できることならば早いうちに経験しておいた方が良いでしょう。 役職手当などもつくので、年収アップが期待できます。

このページの先頭へ