イメージ画像

ドラッグストアの薬剤師として働く

薬剤師が求められている職場はたくさんありますが、その中でも求人数が多いのがドラッグストアです。 ドラッグストアといえば、日用品や化粧品、サプリメントなど様々なものを取り扱っていますよね。

ドラッグストアでの基本的な業務はOTC薬の販売となるのですが、他にも商品に関して質問を受け付けたり、健康などに関する相談も受ける形になります。

また、ドラッグストアでは様々なところにPOPが飾られていますが、こういったものを薬剤師が作成することも珍しくありません。 立場によっては商品の発注や売り上げの管理に関することも担当することになるので、業務は多岐にわたると言えるでしょう。

一口にドラッグストアといっても様々な規模がありますが、規模の大きいドラッグストアほど取り扱っている商品が多く、幅広い知識が必要になります。

そんなドラッグストアで働く魅力についてですが、様々な年代の方と触れ合えるというのが大きいでしょう。 ドラッグストアには小さな子供からお年寄りまで様々な方が来店するため、どの年代の方ともコミュニケーションが取れる人材が求められています。

逆に言えば、接客やコミュニケーションが苦手な方にはドラッグストアでの仕事は向いていません。 毎日たくさんの人と話す職場もあるため、コミュニケーションが得意な方は検討してみると良いでしょう。

ドラッグストアでは様々な薬を販売していますが、来店したお客さんの中には、どの薬がいいか相談を持ちかけてくる方もいます。

このときに、お客さんの症状や要望について詳しく聞いた上で最適なものを選ぶ必要があるのですが、コミュニケーションケーションを取るのが苦手だとお客さんからうまく話を聞き出すことができず、最適な薬を判断できない可能性もあります。

これからコミュニケーション能力を身につけたいと思っている方も勉強になる職場だといえるでしょう。年収は400万円から700万円が基準となっており、薬剤師が働ける様々な職場の中でも高い方です。

このページの先頭へ