イメージ画像

企業への就職が薬剤師に人気の理由

薬剤師が働ける職場としては病院や調剤薬局、ドラッグストアなど様々なところがあるのですが、その中でも特に人気があるのが企業への就職です。 企業といっても規模は様々ですが、大企業と呼ばれるようなところは平均年収も高く、非常に人気があります。

薬剤師として働く際にできるだけ高収入を目指しているという方も多いはず。 そういった方からも企業が選ばれているのです。

また、企業で働く魅力は年収の高さだけではありません。 その他の職場に比べて職場環境が整っていたり、働きやすいのが魅力です。

例えば、企業の多くは土日が休みとなっているだけでなく、ゴールデンウィークや年末年始もしっかりまとまった休みを取ることができます。

働きやすくて高収入の職場を探しているという方からするとかなり魅力的ではないでしょうか。 それだけでなく、大きな企業であれば福利厚生も充実しています。

では、具体的にはどのような企業があるのでしょうか。 薬剤師が働ける企業として一般的なのは製薬会社です。

製薬会社といっても品質管理やDI・学術・研究・開発・MS・MRなど非常に幅広い部門があるため、どこを担当するかによって年収や働きやすさも変わってきます。まずは自分にとって興味のある部門はどこなのか考えてみると良いでしょう。

製薬会社以外では、化粧品メーカーや治験関連企業でも薬剤師が求められています。 他にも医薬品卸会社、医療機器メーカーなど様々な選択肢があるので、自分は薬剤師としてどのように活躍していきたいのか、どのような仕事を担当していきたいのか考えた上で決めると良いですね。

条件の良い職場を見つけたものの、自分に勤まるか不安があるという方もいるかもしれません。 ですが、多くの場合、企業では研修が充実しているため、しっかり仕事を学んだ上で活躍していくことができます。

ただ、残念ながら求人数は多いとは言えません。 どのタイミングで求人が出るかというのも不定期であるため、いつ求人が出てもいいように万全の準備を整えておきましょう。

このページの先頭へ